2018


こんにちは、野球部です。僕たち野球部は、現在、二年生十三名、一年生十三名、マネージャー四名の計三十名で、本田先生、小川先生、中林先生の熱心なご指導のもと、日々の練習に励んでいます。

僕たち野球部は下妻一高のモットーである「文武不岐」という言葉にあるように、「まず、野球部員である前に下妻一高の生徒であること」を忘れず、文と武の切り替えをしっかり行い、日々の生活を送っています。そして、「甲子園で勝つ」という目標に向かって毎日の練習に取り組んでいます。「甲子園」という高校球児の誰もが憧れる夢の舞台に立つには、県外からも選手を集める私立高校等にも勝たなければなりません。そのために僕たちは、「考える野球・頭を使った野球」を常に意識し,短い時間の中で自分たちができることを工夫して、練習の質で他校に勝てるように努力しています。

この秋は、県大会に出場し、接戦を制し勝ち上がり、ベスト8という結果を残すことができました。最後は惜しくも明秀日立高校に負けてしまい,悔しい思いをしました。現在はこの試合に負けたことを無駄にすることなく、全員が自分の足りないところを改善できるよう努力しています。例えば、急速百四十キロ以上のボールを打ち返すための筋力向上です。そのために,筋力トレーニングと共に,身体作りのための食事にも気を使っています。

皆さん、一緒に甲子園にいきましょう。部員一同本気です。心よりお待ちしています。

 

こんにちは。野球部です。僕達野球部は本田先生、小川先生、中林先生のご指導のもと、日々熱心に練習しています。部員は、三年生十一人、二年生十三名、一年生十三名、マネージャー六名の四十三名です。

夏といえば高校野球。辛く、苦しい日々の練習を乗り越えた僅かな人間だけがその場に行くことを許される場所「甲子園」。僕たちはこの甲子園に出場することを目標に毎日の練習に励んでいます。

下妻一高の野球は打撃、相手の守備をかき乱す走塁で勝利を狙います。そのためにどんな投手でもしっかりと打ち返せる打撃、常に先の塁を狙った「スキのない走塁」を目指して練習しています。

しかし、下妻一高生である以上、学習の面をおろそかにすることは許されず、課外授業などがあり、十分な練習時間が確保できていないのが現状です。そのため、一高生の持ち味である頭を使い、どうすれば少ない時間で効率よく練習できるのかを常に考え、グラウンドでは常に全力疾走をし、生活面でも、少しの時間も無駄にはしません。

昨秋は、地区予選一回戦で水海道一高に、今春は県大会一回戦で鉾田一高に敗れ涙を呑みました。しかし、まだ僕達の挑戦は終わっていません。どうすれば目標を実現させることができるかを常に考え、伝統ある下妻一高の校歌を甲子園で響かせたいと思っています。

僕達と甲子園出場を目標に努力をしたい人、僕たちをサポートして目標を実現したいという人は、ぜひグラウンドで共にボールを追いかけましょう。

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立下妻第一高等学校