2019前期生徒会


 

2018 後期生徒会役員


後期生徒会長

           2年1組 齊藤龍斗

 

 はじめましての方も、そうでない方もどうも!後期生徒会長を務めさせていただいております、齊藤です。ここに入学してからというもの、課題、部活、テスト、課題、部活、テストの繰り返しでもうヘトヘトでどうしてここに・・・なんてこと思ったり、思わなかったり。そんな中、生徒会長になり、さらに忙しさが増すかと思われたのですが、そんなことはありませんでした。高校の生徒会と言えどもそこまで仕事はないのです。後期生徒会は特に。

 しかし、全くないわけでもないのです。文化祭のある年はクラスマッチの雑務を様々な人と協力し行います。またこの生徒会誌『為櫻』を作るのも後期生徒会です。この2つが後期生徒会の仕事です。

 時間が過ぎるのは早いもので、もう私の任期が終わろうとしています。これと同じく、高校生活というものはあっという間に過ぎてしまうものだと思います。後悔することのないように高校生活を過ごしていきたいと思います。新入生の皆さんもめいっぱい楽しんでください

 最後に、このどうしようもない会長を支えてくださったたくさんの皆様に感謝申し上げます。 

 

2018 前期生徒会役員


前期生徒会長の言葉

            三年三組 岩瀬美結

こんにちは!前期生徒会長を務めました、岩瀬美結です。二年間の生徒会活動の中で、特に会長として活動した一年間は、私自身を成長させてくれました。

今思えば、中学三年の高校説明会でみた生徒会の先輩方の凛とした姿に対する憧れが始まりでした。入学後、生徒会役員として経験は積んでいたものの、強い憧れがあったからこそ、生徒会長という大役に対するプレッシャーと不安でいっぱいでした。そんな不安で押しつぶされそうだった私を数々の面でサポートしてくれた生徒会役員の六人には、本当に感謝しかありません。機械に強い藤原くん、しっかり者の金澤さん、心優しい栗原さん、トーク力抜群の齊藤くん。サポート上手な塚田さん、癒し担当花田さん、この六人がいてくれたからこそ作り出せた最高の生徒会だったと思います。ありがとう!

また、日頃から生徒会の活動にご理解とご協力をして下さった先生方、生徒の皆さんのおかげで、活動を円滑に進めることができました。ありがとうございました。

行事が終わった後に、「楽しかった!お疲れ!」と声をかけて貰えたときが、生徒会を続けてきて良かったと思える瞬間でした。皆さんからの言葉が生徒会の原動力となります。今後とも生徒会活動へのご理解とご協力をよろしくお願いします。下妻一高生徒会の益々の発展を期待しています。

 

2017 後期生徒会

後期生徒会長の言葉  二年六組 岩瀬 美結

 こんにちは!後期生徒会長を務めています、岩瀬美結です。入学してから、一日二十四時間じゃ足りない‼そんな毎日を過ごし、気づけば早くも二年が過ぎそうです。

 今思えば、中学三年生の夏休み、高校説明会で生徒会の凛とした姿に憧れを抱いたことが始まりでした。入学後、一年生の後期に初めて生徒会役員となりましたが、強く憧れていたからこそ、自分に務まるのだろうかという不安しかありませんでした。それから約一年が経ち、そろそろ慣れてきたかと思いきや、不安を抱えているのは生徒会長となった今も変わらず…。そんな頼りない私が生徒会長を務められているのは、機械に強い藤原くん、絵が上手な金澤さん、話し合いの場を明るくしてくれる星野くんと多田くん、さりげない気づきでサポートしてくれる栗原さんと塚田さん、一緒に活動してくれるこの六人はもちろんのこと、先生方や生徒の皆さんの生徒会へのご理解、ご協力があるからこそです。本当にありがとうございます。

 正直に言うと、生徒会の仕事を大変に思うことはたくさんあります。しかし、自分たちで、企画や準備など一から作り上げた行事が無事成功し、¬楽しかった!お疲れ様!」と喜んでもらえた時の達成感や嬉しさは何にも代えがたいものですし、生徒会をやっててよかったと思える瞬間です。

 これからも、皆さんの高校生活に一ページでも多く、楽しい思い出を残せるように頑張ります!
 

2017 前期生徒会

前期生徒会長の言葉  三年四組 青柳 良平

 皆さん、こんにちは。前期生徒会長を務めさせていただいた青柳良平です。私が生徒会に入って活動するのは最初で最後のことであり、とても良い経験になりました。ここで、私の半年間を簡単に振り返りたいと思います。

 私は、生徒会会長になる前までは、陸上部に所属していました。しかし、長期の怪我により、退部せざるを得ませんでした。そこで、生徒会担当の先生から、生徒会会長にならないかと誘われ、生徒会会長になることを決断しました。ここから、私の生徒会活動が始まりました。

 私は、人の前に立って行動することは初めてのことであり、とても不安でした。しかし、先生方や他の生徒会役員の支えがあり、活動を円滑に進めることができました。

 生徒会活動には、定期戦、クラスマッチなどの行事の企画・進行、学校説明会などさまざまな仕事があります。その生徒会の仕事の中で、最もやりがいを感じた仕事は、体育祭です。体育祭は、競技を決めるところから進行までが生徒会に任されています。とても大掛かりな仕事であり、時間もかかりましたが、終えたときに得られた達成感はとても大きなものでした。

 その他に印象に残った行事は、定期戦です。創立百二十周年記念である下妻一高には、絶対に勝ちたいという強い思いがありました。激闘の末、勝利したのは下妻一高でした。創立百二十周年の下妻一高に新たな歴史を刻むことができました。

 

2016 後期生徒会

オッス!元気ですか!?滝沢です!皆さんこの一年間お疲れ様です!僕は半年間、生徒会長を勤めさせていただきました。

もしかして、皆さん僕たちのことをこう思っていませんか?

「この生徒会長イケメンすぎる!!!」と。

冗談ですよ(笑)。こんな生徒会長はやっぱりどこか違いますよね?僕はそれでいいんです!もちろん生徒会長という役職は何といっても学校の顔ですので、その人自身、きちんとしていなければならないし、今僕は人生で最悪な汚点を曝け出しているかもしれませんね(笑)。しかし、百数十年続くこの学校に、一人くらいはこんな馬鹿みたいな生徒会長がいたっていいじゃないかと僕は思うのです!だって一生に一度しかない青春溢れる高校生活で、カタブツキャラなんてやってたらこの三年間もったいないじゃないですか(笑)。少なくとも僕はそう思っています。

 でも、僕がここまでハッチャケキャラを演じることができるのは、役員さんたちがしっかりしていたからなんですね!僕実は先生の話を完璧言ってと良いほど聞いてません。その分役員さんは大変苦労したと思います(汗)。それでも僕について来てくれた。みんな僕を生徒会長として認めてくれた。それだけで僕はもう嬉しくて嬉しくて、涙が出そうなんですね!

ほんの半年近くの期間でしたが、僕はたくさんの人に揉まれて色々な経験をしました。この先、十年か、二十年か経つかもしれませんが、いつかまた、約800人の全校生徒、みんな揃ってまた会いましょうね!

 

2016 前期生徒会

前期生徒会長を務めました、國府田翠です。一年半に渡り生徒会役員を務めさせていただきましたが、会長として活動した半年間は特に充実していて、私の中に色濃く、鮮明に残っています。

 生徒会長に選出された時は、不安しかありませんでした。私にそんな重役が務まるのか、役員が無事に六人集まるのか、定期戦、文化祭など、行事の運営を滞りなく行えるのか。生徒会活動は一年間行ってきたけれど、会長という立場は未知そのもので、不安と気疲れで会長に決まった日の後二日間、体調を崩して寝込みました。(実話です)そんな頼りない私ですが、無事に任期を終えられたのは、周りのサポートがあったからです。会長選挙の時にライバルとなった鈴木くん、ずっと一緒に活動をしてきた中久喜さんや小倉さん、髙木くん、前期の活動から参加してくれた松﨑くんと竹内さん、先生方、そして何より、生徒会活動にご理解、ご協力してくださった生徒の皆さんのお陰です。本当にありがとうございました。

行事が終わる度に楽しかったよ、と笑顔で言う皆さんの顔を見られた時は、生徒会をやっていて良かった、と心から思いました。楽しいことばかりではなく、大変なことも多かった生徒会活動でしたが、その分学ぶことも多く、自分の財産となりました。これからも下妻一高生徒会が益々発展と成長をすることを期待しています。

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立下妻第一高等学校