お知らせ




  2019 2018 2017
 

平成29年度 バドミントン部(女子) 活動報告

新人大会の報告です。
 ダブルス4組、シングルス5名が県大会に出場をしました。
ダブルス・シングルスともにベスト8に入ることを目標にしましたが、かないませんでした。その目標は総体に持ち 越しです。ですが、今回県大会に初出場し、勝利を挙げることができたペアもいました。チーム力の底上げのもと、個人戦での上位進出を目指していきたいと考えています。
 学校対抗戦においては、総体のベスト8に届かず、ベスト16に終わりました。春にベスト4に入ることができるよう、冬の練習を大切に心身の更なる向上をはかりたいと思います。

 

全国総体県予選の報告です。

ダブルス5組、シングルス4名が県大会に出場をしました。

ダブルス・シングルスともにベスト32が1番よい成績に終わりました。ダブルスでは高校からバドミントンを始めたペアが新人県大会に続き、今大会においても1勝をあげることができ、実力を証明することができました。 

学校対抗戦においては、新人県大会を上回るベスト8に進出し、第5位という成績でこのチームの最後を迎えることができました。3年連続でベスト8に入っている中で、この成績を残すことの難しさを感じる一年だったと思いますが、しっかりとやり遂げてくれました。

この大会で引退する3年生6名、本当に最後までよく頑張ってくれました。

 

平成29年度 バドミントン部(女子) 活動報告

3年生6名、2年生9名、1年生6名の21名で活動をしています。

今年度初の公式戦である関東大会県予選ではベスト8の結果を残すことができました。秋の新人戦県大会ではベスト16に終わったため、1つ成績を上げることができました。ですが、目標はベスト4です。今回メンバーに入った、2年生2名、1年生3名を中心にそれを目指して頑張ってもらいたいです。

また、全国総体地区予選がおこなわれました。ダブルス5組、シングルス4名が県大会出場を決めました。ダブルスで5組も出場するということは少なくとも過去数年にはなく、とてもすばらしい成績だと思います。その中には、2名とも高校からバドミントンを始めたペアが含まれています、本当によく頑張った結果です。シングルスでは、1年生が5試合を勝ちぬき、準優勝という成績をおさめました。これもまた、よく頑張ったと思います。


 
 
 
 
 

 

2018

こんにちは!女子バドミントン部です。私たちは顧問の吉田先生、菊地先生、安納先生、涌井先生ご指導のもと、二年生六名、一年生八名の計十四名で日々練習に励んでいます。

バドミントンは誰でも気軽に出来るスポーツだと思います。ですが、私たち下妻一高女子バドミントン部の部員と一緒に練習をすれば、華麗なプレーをしたり豪快なスマッシュを決めたりすることができます。

また、私たちは先輩後輩関係なくとても仲が良く、笑顔が絶えない部活です。ですが、練習中は自分から積極的に声を出してチームの雰囲気を盛り上げたり、お互いに励まし合うことでチーム全員がバドミントンに真剣に向き合っています。

私たちの目標は、団体戦で県西大会優勝・県大会ベスト8の成績を残すことです。団体戦は誰か一人がどんなに頑張っても勝つことができません。全員が目の前の一本を取りにいく強い気持ちを持ち、信じ合うことで初めて勝利を掴むことができます。経験者の方、高校から始めてみたいと思う方は、ぜひ私たちと一緒にバドミントンをしてみませんか? 入部お待ちしています!

「県高校新人バドミントン大会」

・県西大会 団体…準優勝 ダブルス・シングルス ベスト8

・県大会  団体…ベスト16 ダブルスベスト16

 

平成28年度 バドミントン部(女子) 活動報告

1年生9名、2年生6名の15名で活動をしています。

新人戦県大会では学校対抗ベスト16という成績に終わってしまいました。団体戦メンバーはほぼ全員がこの新チームでメンバー入りした中での戦いでした。力を出し切れない弱さや初めて味わった緊張感、また試合に出ることができない悔しさなどがあったと思います。納得できる結果ではないはずです。春の関東大会県予選、総体予選ではこの経験を無駄にせず、良い結果をつかんでくれるはずです。

同じく、個人戦では地区大会を突破し、ダブルス3組・シングルス2名が県大会に進出し、2年神郡紗希・1年文道真音ペアがダブルスにおいて県大会ベスト16に進出することができました。また、2年中山岬・1年石山ひかるペア、2年坂本実優・2年宇津野佑妃ペアがそれぞれ県大会で勝利することができました。なお、坂本・宇津野ペアについては高校生になってからバドミントンを始めた2人です。

このように個人戦の結果から見ても、学校対抗の結果は満足できるものではありません、チーム力のより一層の向上をはかる上でも、2年生の最後の大会に向けた意地と頑張りと1年生のメンバー入りを狙う奮闘に期待したいと思います。

 

 〈学校対抗メンバー〉

神郡 紗希

下妻東部

中山 岬

八千代東

大塚 夏葵

下妻東部

坂本 実優

大穂

宇津野 佑妃

大穂

文道 真音

守谷愛宕

石山 ひかる

石下









 

平成28年度の主な大会結果

・関東大会県予選団体 県大会予選ベスト8

・高校総体地区予選 学校対抗 優勝・高校総体予選県大会 学校対抗 第5位

・高校総体予選県大会 個人ダブルス 第5位・ベスト32(2組)・2回戦進出

・高校総体予選県大会 個人シングルス ベスト32・2回戦進出・出場

・新人県大会地区予選 学校対抗 準優勝
・新人県大会 学校対抗 ベスト16

・新人県大会 個人ダブルス ベスト16・2回戦進出(2組)

・新人県大会 個人シングルス ベスト32(2名)

         
  


 

平成28年度 バドミントン部(女子) 活動報告

活動報告

インターハイ県西地区予選の学校対抗においては、3年連続の優勝を果たすことができました。3試合とも全て3対0で勝利をおさめました。個人戦においてはダブルス4組、シングルス3名が県大会へ進出しました。

インターハイ茨城県予選においては、学校対抗が3年連続の第5位に入賞しました。個人戦においては、寺門有紀・飯塚りさペアがダブルス第5位に入賞しました。これまでの大会でベスト16までは入ることができていましたが、最後の大会で過去最高の成績を残すことができました。宮本里瑚・石井彩夏ペア、野口未歩・黒澤紋音ペアの2組が接戦を勝利しベスト32に入り、神郡紗希・文道真音ペアが県大会初勝利をあげました。

しかし、学校対抗戦・個人戦ともにチームとして各個人として完全に満足できる結果とはいえませんでした。ですが今回引退した3年生が妻一バド部に残した功績はとても大きいものがあります。茨城県新人戦学校対抗第3位、北関東オープン大会への参加、埼玉オープン大会への参加、埼玉遠征、群馬遠征、栃木遠征など今までになかったことをバドミントン部に経験させてくれました。

この経験を活かして、2年生・1年生が来年の関東大会出場を目指し、日々頑張ります。

3年生

寺門 有紀

下妻中

飯塚 りさ

下妻中

宮本 里瑚

八千代東中

野口 未歩

八千代東中

石井 彩夏

下妻東部中

黒澤 紋音

下妻中


 
 
 


 

平成28年度 バドミントン部(女子) 活動紹介

活動紹介

 女子バドミントン部は新たに1年生の新入部員8名を迎え、3年生6名・2年生7名・1年生8名の計21名で今年度の活動を始めました。本校の第二体育館は9月まで耐震工事が行われます。練習環境に困っていましたが、下妻市総合体育館や千代川体育館をお借りすることができ、部活動練習を毎日継続しておこなうことができています。

 先日の4月30日・5月1日に今年度最初の公式戦である関東大会茨城県予選がおこなわれました。上位4校には関東大会への出場権が与えられる大会で、本校バドミントン部が目標にしている大会です。結果は残念ながら、ベスト8にとどまり、あと一歩のところで届きませんでした。この壁の高さをあらためて感じさせられました。ですが、ベスト8に達するまでの3試合は全て1ゲームも落とすことなく、ストレート勝ちをするなど、総合力の高さを見せることはできました。

 3年生はインターハイ予選が最後の大会になります。久しぶりの個人戦もあります。1点でも多く、1ゲームでも多く、1試合でも多く、バドミントンをしてもらいたいと思います。

 

○今年度の主な大会予定

・全国高校総体県西地区予選 〈個人 5月28・29日 学校対抗 5月31日〉

・全国高校総体茨城県予選 〈個人 6月11・12日 学校対抗 6月15・16日〉

・県西地区夏季大会 〈個人 8月20・21日〉

・秋季大会 〈個人 9月21・22日〉

・新人大会県西地区予選 〈個人 10月22・25日 学校対抗 10月26日〉

・新人大会茨城県予選 〈個人 11月4・5日 学校対抗 11月9・10日〉


 

 

 

平成27年度 女子バドミントン部 活動報告

活動状況

 女子バドミントン部は関東大会出場と個々の進路実現を目指し活動しています。目標を実現するべく、勉強と部活動の両立に励み、大会で好成績を収める一方、志望大学へ多くの生徒が進学をしていきます。

 また、生徒同士の仲も良く、先輩後輩の絆も強いのがバドミントン部の特徴です。

部員の中には高校生になってから、バドミントン競技を始めた生徒も多く、中には県大会に個人戦で出場している生徒もいます。

 元気に活動している、下妻一高バドミントン部、気軽に体育館に見学に来てください。

 

○今年度の主な大会結果

   ・全国高校総体県西地区予選 学校対抗 優勝

   ・全国高校総体茨城県予選 学校対抗 第5位

   ・全国高校総体茨城県予選 女子ダブルス4組出場 女子シングルス4名出場

   ・茨城県新人大会県西地区予選 学校対抗 優勝

   ・茨城県新人大会 学校対抗 ベスト8

   ・茨城県新人大会 女子ダブルス4組出場 女子シングルス5名出場

 

○現在の部員数 2年生6名 1年生7名
  

  

  

 
 

 私達、女子バドミントン部は部員十三名で、顧問の宮川先生、吉田先生、菊地先生、涌井先生のもと、いつも明るく、元気に、切磋琢磨することをモットーに活動しています。

 女子バドミントン部といえば・・・

 第一に、「うるさいほどの賑やかさ」です。練習中、部員全員が自ら声を出しているのでかけ声が体育館中に響きます。このため、自分達らしい雰囲気ができ、集中して、プレーすることができます。

 第二に、「学年を感じさせない仲の良さ」です。バドミントンの話だけでなく、女子高生に必須の恋バナや学校での悩み相談などを、気軽にし合える、また、したいと思える仲の良さです。居心地が良くて、安心できるこの部活と部員が私は大好きです。

 そんな私達の目標は、「団体戦関東大会出場」です。これは、私達にとって決して簡単なことではありませんが、「総合力」を武器に、一致団結して、目標に向かって精進していきます。

応援よろしくお願いします!

 

 実績~団体戦~

 

 ・平成二十六年度 関東大会県予選           第七位

 ・平成二十六年度 全国総体茨城県地区予選        優勝

 ・平成二十六年度 全国総体茨城県大会         第五位

 ・平成二十六年度 県高校新人バドミントン大会地区予選  優勝

 ・平成二十六年度 県高校新人バドミントン大会     第三位

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立下妻第一高等学校