2019


陸上競技部 2年4組 新野 孝典

 こんにちは。陸上競技部です。私たちは、顧問の鈴木先生、河原井先生、秋山先生をはじめ、外部コーチの方々のご指導の下、日々、妻一のグラウンドや砂沼で走っています。

 皆さんは、陸上部がただ走っているだけの部活だと思っていますか?そうです。ひたすら走ります。しかし、ただ走っているだけではありません。最終的な目標は大会で活躍することですが、陸上部とは「走る」という動作をとことん極める部活です。走りの中には足のつき方、腕の振り方、腰の位置など、さまざまな要素が含まれます。それを追求する楽しさがあるから陸上って面白いし、考えながら行うスポーツです。また、個人競技だと思われる陸上です。しかし、練習においては敵、味方、ペースメーカーとなる仲間と指摘し合い、試合においては全員が仲間となり、他の学校と戦います。走る部活と言っても、全員が何でもできるという訳ではありません。もちろん、基礎は全て走ることなのですが、例えば跳躍力に優れていれば幅跳びや高跳び、投力に優れていればやり投げやハンマー投げのように、陸上には様々な種目があります。加えて、部の代表として走るリレーや駅伝には1本のバトン、襷をつなぐので普段とは違う、特別な感動があります。

 陸上には、やらなくては分からない面白さがあります。

 

為桜2018


やる気!元気!陸上競技!こんにちは。陸上競技部です。

私たちは、鈴木先生、河原井先生、秋山先生のご指導のもと練習に励んでいます。

皆さんは陸上部がただ単に走るだけの辛い部活だと思っていませんか?陸上には、やり投げなどの投てき種目、走り幅跳びなどの跳躍種目があります。下妻一高の練習は、最新のスポーツ科学に基づいた効率の良いものになっています。練習の強弱がはっきりしていて、大会等のない日曜日は休養日のため、疲れを取りながら練習を行っています。日々の練習も短時間に集中して行うので非常に効率的です。勉強と部活の両立が可能です。

陸上部には高校から陸上を始めた人がたくさんいます。しかし、強い気持ちで日々努力することで多くの選手が関東大会、全国大会に出場してきました。陸上は中学の部活に関係なく、自分の意識と努力でどこまでも記録を伸ばすことができます。

陸上は個人競技だと思われがちですが、リレー、駅伝といったチーム一丸となる団体競技もあります。日々の練習で共に切磋琢磨してきた選手たちが一本のバトン・タスキをゴールに運ぶ姿は、いつも感動を与えてくれます。

皆さんも私たちと思いのこもったバトンやタスキをつないでみませんか?部員一同、多くの選手・マネージャーの入部お待ちしています!

 

平成29年度 インターハイ



3
年7組安田穂乃花さんが 山形インターハイで 8位に入賞しました。
記録23分38秒74 (県高校記録更新)
  

 
 

為桜2017

こんにちは。陸上競技部です。私たちは鈴木先生、田村先生、河原井先生の御指導のもと日々の練習に励んでいます。

みなさんは、陸上競技部はただ単に走るだけの辛そうな部活だと思っていませんか?下妻一高の練習は、最新のスポーツ科学に基づいた効率の良いものになっています。練習には強弱があり、大会等のない日曜日は休養日のため、疲れを取りながら練習を行っています。日々の練習も短時間に集中して行うので非常に効率的で、勉強と部活の両立が可能です。(文武不岐)

陸上競技部には高校から陸上競技を始めた人がたくさんいます。しかし、強い気持ちで日々努力することによって多くの選手が関東大会、全国大会に出場してきました。このように陸上競技は中学校の部活に関係なく、自分の意識と努力でどこまでも記録を伸ばすことができます。

陸上競技は個人競技だと思われがちですが、リレー・駅伝といったチーム一丸となる団体競技の種目もあります。一本のバトン・襷に部員全員の思いを乗せて、日々の練習に切磋琢磨してきた選手がゴールに運ぶ姿は、いつも感動を与えてくれます。

みなさんも私たちと一緒にバトンや襷に思いを乗せてみませんか?多くの選手、マネージャーの入部をお待ちしています。

 

【主な実績】

県西大会 総合優勝・多数優勝

県大会  総合入賞・多数入賞

関東大会 多数出場・入賞

インターハイ・国体 多数出場・入賞

 

 

為桜2015



 陸上部               二年六組  工藤 聖人

こんにちは。陸上競技部です。私たちは多くの部員を全国大会、関東大会に輩出している風間先生、木村先生、田村先生、湯本先生、そして先輩方のご指導のもと毎日の練習に励んでいます。

 みなさんは、陸上部はただ単に走るだけの辛そうな部活だと思っていませんか?下妻一高の練習は、最新のスポーツ科学に基づいた効率の良いものになっています。練習には強弱があり、週に一回は軽く体を動かす積極的休養日があり、日曜日は完全休養日のため疲れを取りながら練習を行っています。日々の練習も短時間に集中して行うので非常に効率的で、勉強と部活の両立が可能です。

陸上部には高校から陸上を始めた人がたくさんいます。しかし、強い気持ちで日々努力することによって多くの選手が関東大会、全国大会に出場してきました。このように陸上は中学の部活に関係なく、自分の意識と努力でどこまでも記録を伸ばすことができます。

 陸上は個人競技だと思われがちですが、リレー・駅伝といったチーム一丸となる団体競技の種目もあります。一本のバトン・襷に部員全員の思いを乗せて、日々の練習で切磋琢磨してきた選手たちがゴールに運ぶ姿は、いつも感動を与えてくれます。

みなさんも私たちと一緒にバトンや襷に思いを乗せてみませんか?多くの選手、マネージャーの入部をお待ちしています。

【主な実績】 

県西大会 多数優勝・総合優勝 県大会 多数入賞・総合入賞

北関東大会 多数出場・入賞 インターハイ・国体 多数出場・入賞

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立下妻第一高等学校