お知らせ



  2019 2018 2017
 

2020


女子バドミントン部

2年6組 黒澤 華歩  

こんにちは、女子バドミントン部です。私たちは顧問の吉田先生、安納先生、菊池先生、涌井先生のご指導のもと、2年生5人、1年生1人、計6人で活動しています。バドミントンというのは、狭いコートの中を前後左右に激しく動きまわったりするので、持久力、瞬発力など様々な能力が必要になります。またラリーの中に相手との駆け引きがあり、とても面白いスポーツです。日々の活動では、6人という少ない人数ですが、部員全員で意見を出し合い、互いに高め合いながら、練習しています。平日はコートが1面しかなく、できる練習が限られていますが、声を出して盛り上げたり、励まし合っています。また、1本でも多くシャトルを打てるように、準備、後片付けを早くするように心がけています。私たち女子バドミントン部は、関東大会出場、インターハイ予選県ベスト4に入ることを目標としています。新人戦では県西大会は優勝しましたが、県大会ベスト8ととても悔しい思いをしました。春の関東大会県予選ではベスト4に入り、支えてくださった方々に恩返しができるように頑張ります。部員全員が、小中学校からやってきた経験者ですが、未経験でも一生懸命練習すれば上達し、公式戦でも勝てるようになります。バドミントンも最近地上波で放送されるようになり、多くの人が興味を持つようになりました。私たちと一緒に楽しく全力でバドミントンをやりませんか?皆さんの入部を心からお待ちしています!

 

2019


女子バドミントン部 2年7組 久永 亜美

 こんにちは!女子バドミントン部です。私たちは、顧問の吉田先生、安納先生、菊池先生、涌井先生のご指導のもと、2年生5人、1年生5人、計10人で活動しています。

 バドミントンというのは、みなさんの想像以上にハードなスポーツです。狭いコートの中を前後左右に激しく動きまわるので、持久力、瞬発力、俊敏性などさまざまな能力が必要になります。また、シャトルをただ打ち合うのではなく、1つのラリーの中に相手とのいろいろな駆け引きがあって、とても面白く、奥深いスポーツです。

 練習は週5回ありますが、平日はコートが1面しかなく、コートの中で打てる時間は短いです。決して恵まれた環境ではありませんが、空いている時間にトレーニングや、校外を走るなど一人ひとりが向上心を持って無駄のない練習をしています。

 部員は小中学校からやってきた経験者が多いですが、未経験でも経験者とシャトルを打ち合い、一生懸命練習に励んでいけば、きっと上達します。

 また、私たちは部活動を通じて礼儀や、指導をして下さる顧問の先生や先輩への感謝の気持ちも学ぶことができます。

 私たちの目標は、関東大会出場、インターハイ予選県ベスト4に入ることです。新人戦では県大会ベスト8ととても悔しい思いをしました。

春の関東大会県予選では、必ずベスト4に入り、支えて下さった方々に恩返しができるように頑張ります。

 私たちと一緒に明るく楽しく全力でバドミントンをやりませんか?皆さんの入部を心からお待ちしております!


 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立下妻第一高等学校